AKBじゃんけん大会2016にヤラセは?次世代エースを優勝にするのか?

こんにちは、えりなです♪

今回は2016年10月10日に行われる

第7回AKBじゃんけん大会ヤラセなのか?

ということについて考察していきますっ!!

やはり次世代エースを発掘するうえで大切な

じゃんけん大会!ということでウラでなにかの

動きがあったりするのでしょうか??

Sponsored Links

これまでのAKBじゃんけん大会の優勝者は?

それではまずはヤラセということについて

チェックするために過去大会の優勝者は

誰だったのか?ということを振り返ります♪

第1回 内田眞由美

uchida

まず一番初めに優勝を飾ったのは内田眞由美さん。

これはまさに番狂わせ!?

というレベルでAKBファンも驚きを

隠せない結果となりましたっ!!

ここから、AKBのじゃんけん大会の認知が

少しずつ増えてきました!

 

選抜常連組ではなかった内田眞由美さんが

じゃんけん大会で1位を獲得したということで

もちろん内田眞由美さん自身の認知度も

大きく増しましたねっ!!

 

実はこの第1回だけが選抜常連組ではない

メンバーだったのです…。

第2回 篠田麻里子

shinoda

第2回の優勝者はご存じの方も多いと思いますが

篠田麻里子さんですね。

すでに卒業して女優として活動しており

このじゃんけん大会にかける想いは

かなり強かったのだとか…。

ドキュメンタリー動画を見たときには

私が絶対に勝ってやる!という想いだった

と語っていたので「上からマリコ」

いまの女優での活躍の後押しと

なっているのかもしれませんねっ!!

第3回 島崎遥香

shimazaki

そして塩対応で有名な島崎遥香さん

第3回の優勝者となりました。

AKBの運営側である人々がかなり推していた

島崎遥香さん。たしかにめちゃくちゃかわいいですが

塩対応ということでファンからの批判を

浴びることも多々ありましたね・・・。

 

そしてやはり第3回の優勝後に爆発的な

人気を博してAKBにはいなくてはならない

存在にまで成長していきました!

 

卒業することを発表しています。

第4回 松井珠理奈

jurina

そして第4回の優勝者は松井珠理奈さん。

こちらもSKE所属ですが常に総選挙の

選抜メンバーに選ばれているので

じゃんけん大会の趣旨からは少し

ずれた結果になってしまったようです。

そしてこの松井珠理奈さんはAKBの

創設者でもある秋元康さんの推しメン。

ちょっと気になるところですね…。

 

そして松井珠理奈さんの優勝曲は

かなり長いタイトルということで注目を浴びました!

 

そのタイトルが、、、

「鈴懸の木の道で「君の微笑みを夢に見る」と言ってしまったら僕たちの関係はどう変わってしまうのか、僕なりに何日か考えた上でのやや気恥ずかしい結論のようなもの」

めちゃくちゃ長いですね…。笑

第5回 渡辺美優紀

miruki

そして第5回の優勝者は渡辺美優紀さん。

ここから優勝者に送られるのが

次回曲のセンターの座ではなく

ソロデビューとなりました。

 

優勝決定戦の最後の試合は

渡辺美優紀VS小嶋陽菜

ということでどちらが勝っても

もう疑いの目しかない!というほど

両者とも人気でした…。

ただ、このときすでに渡辺美優紀さんは

スキャンダルが多くて干され気味だった

ということもあったため、小嶋陽菜さんが

優勝した場合はヤラセが怪しい!

という声が多かったかもしれませんが

干され気味だった渡辺美優紀さんが優勝

ということでこれはれっきとした闘い

だったのかもしれませんねっ!!

 

関連記事:渡辺美優紀(みるきー)の引退理由はゴムスキャンダルが原因!?今後は…?

第6回 藤田奈那

hujitanana

そして第6回の優勝者はというと…。

藤田那奈さん。彼女は優勝するまでに

選抜メンバーに選ばれた経験はないため

ソロデビューを果たしたことで

ファンからの認知度はぐっとあがりました*

 

ということで過去大会の優勝者を見てきましたが

ヤラセや八百長なのでは?と思われても

しょうがないような優勝メンバーが意外と

多いですよね…。

 

では一体これまでにヤラセはあったのか?

ということの真相について調べましょう!

Sponsored Links

これまでのヤラセ疑惑は?

これだけ選抜常連のメンバーが優勝していたり

秋元さんやAKB運営サイドが推しているメンバーが

優勝しているとやっぱりファンとしては

ヤラセや八百長を疑ってしまいますね*

 

ということで過去のヤラセ疑惑についてですが

まずは第2回の篠田麻里子さんの優勝は

グーで連続9連勝をした!

ということでこれがヤラセなのでは?

という疑惑が広がりました。

もちろんメンバーや関係者はみなさん

否定しているんですが真相はわかりませんね…。

 

そして続く第3回の島崎遥香さんの優勝も

秋元さんからの推しメンだったということや

決勝戦までほとんどチョキで勝っていた!

ということもありヤラセなのでは?

という疑いが出てきたようです。

 

その後の第4回の松井珠理奈さんの優勝も

常にパーを出し続けて優勝したことから

これもヤラセなのでは?という疑いが

出たというわけなのです。

 

そもそもじゃんけんという競技の性質上

どうしても3種類の手しかないため

同じ手が続く可能性ももちろんあるのでは?

という考え方もできますよね。

 

例えば第2回大会の篠田麻里子さんの

グーで一発勝ちを9回連続という記録。

これは単純に篠田さんが9回連続で

グーを出す確率というのを考えると

3分の一の確率を9回ということなので、、、

19683分の1

という恐ろしいほど低い確率になります。

 

ということでまったくヤラセがない!

ということを結論づけることも

これはヤラセだ!ということも確証が

なにもないので決定づけられません。

なんとも言えないところですね…。

ヤラセだったとしてもいろいろとある

akbjanken

ただ、もしこれまでにジャンケン大会の中で

ヤラセや八百長があったとしてもこれは

運営側が意図してやることもできれば

運営側がしらないうちにメンバーが八百長をしている

という可能性もあります。

 

また、メンバー間には先輩後輩という関係

あるので熱意という意味でも結果に非常に

関係があったのではないかと思います!!

後輩だったらやはり勝たない方がいいかも、、、

という心理が働いてしまう可能性もありますよね。

 

そしてじゃんけんは運命という要素もありますが

熱意だったり心理戦だったりするので

相手が何度もパーで勝っていたら

もう次は出してこないだろう。

と思うことも考えられます。

 

ですのでヤラセにもいろいろと可能性が

ありますがじゃんけんという運命だけではない

いろんな要素が詰まっているということです!

 

だからヤラセだけを疑うのはちょっと

違うような気もしますね><

Sponsored Links

第7回じゃんけん大会にヤラセはあるのか?

akbjanken2

さて、それでは2016年の第7回AKBじゃんけん大会では

ヤラセはあるのでしょうか??

結論から言うとあったとしてもわかりません。笑

 

ということで結果が出てからヤラセ疑惑については

追記していこうと思いますが、、、

 

ただひとつ言えるのは誰が優勝したとしても

それは運であるということです。

 

もちろん先ほども言ったように

運の中にも心理戦や熱意など

様々な要素が混ざり合わさった結果なので

これがじゃんけんの面白いところですよね!

 

もし。もしヤラセがあるとしたら

私がヤラセをする側の人の気持ちになったとしたら

やっぱりこれから推していきたいメンバーを

上位にあげたい!!と思うはずです。

 

ですので次世代エースとして期待されている

メンバーが優勝するのではないか?と思われます!

その推しメンとして次世代エースになりうる

メンバーをピックアップしているのが

今回の2016年の第7回AKBじゃんけん大会の

公式ガイドブックの表紙なんです。

 

この表紙にいる7人のメンバーが今回の

大会で運営側が推しているメンバーだと思うので

この中から優勝者が出たらまたきっと

ヤラセ疑惑が出てくるでしょうね…!

わたしのこごと

ということで今回は第7回AKBじゃんけん大会2016に

ヤラセはあるのか?次世代エースが候補なのでは?

ということについてお伝えしてきました!

 

正直、どこにヤラセがあるのか?

なんて当事者にしかわからないことですが

結果によって大きくメンバーの人生が

変わってくる大会でもあるのでやはり

ファンとしてはそこを疑いたくなるんでしょうね><

 

関連記事:AKBじゃんけん大会2016の優勝候補は誰だ!?

関連記事:AKBじゃんけん大会2016にテレビ生中継はある!?

*スポンサードリンク*

Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です